花粉症について

症状

花粉症とは、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきたとき、それを排除しようとする、「免疫反応」によって、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こることをいいます。

花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中を浮遊しているスギ・ヒノキ・イネの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。

その後、再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体と結合し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こします。

原因としては

1つは昔と今の食生活の変化です。昔の人は、花粉症になりにくいとされています。現在はカップラーメン、インスタント食品やスナック菓子などを食べることが多くなり、これも原因のひとつに挙げられます。

睡眠不足や不規則な生活も原因となりえます。
そのような生活を長期間繰り返すことで、自律神経が乱れてくる可能性があります。そしてストレスも原因になります。
このような生活習慣から見直すことがまずは大切かもしれません。

原因花粉があり、スギやヒノキだけでなく、シラカンバ、ブナ、ハンノキ、ケヤキ、コナラ、ブタクサ、ヨモギなど、1年中、何かしらの花粉が飛んでいるので。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧