新潟市 新発田 肩こり腰痛専門 整体 すった家 モートン病について

未分類

モートン病について
モートン病は足の裏にある神経が刺激を受けて神経腫を形成し、これが中足骨に挟み込まれたり、横中足靭帯に押し付けられることにより強い痛みが出てきます。
足の中指と薬指の付け根あたりが痛くなったり、しびれたりします。男性もなりますが、女性の方が割合が多く、特に30〜40歳くらいの中年層の女性に多く見られますが、最近では20代の女性にも多くなっています。
特に腫れたり赤くなったりなどの変化がないため分かりづらく、そのまま放置してしまう方もいます。症状が進み悪化してくると、足のバランスが悪くなり、膝痛や腰痛、肩こりなどの原因ともなります。つま先立ちをして痛みがあるようならモートン病の可能性があります。
自分の足のサイズに合っていない靴を履くことで、足が圧迫され神経まで圧迫されてしまいます。幅の狭い靴やハイヒールなどを履くことが多い方になりやすい傾向です。他には外反母趾や扁平足、開帳足などの他の足の症状を併発している方にもなりやすいです。これは足の親指の付け根辺りから小指までにかけてのアーチか土踏まずのアーチが正常でない可能性があるためです。
こんな人は要注意です。
足の骨格上の問題で横アーチが低下しやすい
足幅の狭い靴を履いている
高いヒールを履いている
硬い路面でスポーツ
中腰の作業でつま先立ちをする格好が多い
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧