新潟市 新発田 肩こり腰痛 整体 すった家 o脚について

症状

O脚について
O脚とは、直立したときに、両足・内くるぶしをくっつけても、ヒザや股関節の間が開いてしまう状態のことです。
成人女性の約80%が該当しているとも言われているほど、O脚が増えています。
O脚になりやすい人は、 人間の土台となる足裏に問題がある人が多いようです。
「浮き指」「外反母趾」「扁平足」など足裏に異常がある人が増えていて、これに比例してO脚が増えています。
「浮き指」「外反母趾」「扁平足」があると、指先に力が入らず、重心がかかとへ片寄り、ひざも反り過ぎてしまいます。この状態で歩くと、足先が外方向へ流れる「ねじれ歩行」になります。
O脚は土台となる足裏の異常を補った結果と言えると思います。
ねじれ歩行によるO脚は、すねの外側の筋肉や太ももの筋肉を発達させて、下半身太りの原因になります。 また、O脚があると健康面でも悪影響を及ぼします。ひざの痛みのほかに股関節や骨盤にゆがみを起こし、背骨が曲がる側弯症の原因にもなっています。また、首にもゆがみや変形を引き起こし、首こり・肩こり・頭痛・めまい・便秘・冷え性など自律神経失調状態の隠れた原因にもなっています。
人間の土台となっている足裏。
足裏からO脚を整えていくことが、根本療法につながっていきます。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧