新潟市 新発田 肩こり腰痛 整体 すった家 x脚について

症状

X脚について
X脚はまっすぐ立つと、ひざはつくけどひざ下がハの字に開いてしまう状態です。
内くるぶしに重心が片寄り、足裏が外側を向く「外反扁平足」(がいはんへんぺいそく)になっている場合が多くあります。
X脚は足裏の不安定を上半身で補うので、脚が細いのに対し、上半身が太いのが特徴です。 ひざを伸ばしきった「反張膝」をともない、歩行時にひざが上がらないので、靴の内側が減りやすいです。
X脚も、外反母趾や浮き指・扁平足などの足裏の不安定が伴っているため、歩くたびに地面からの過剰な衝撃とねじれの力を、ひざの外側に繰り返し受けてしまうのです。 その結果、ひざの外側が痛む場合があります。特に、ヒールなどを履いて忙しく歩き回った後などは、ひざの外側が痛くなったり、しびれたりする場合があります。
こちらも身体の土台である足の問題が大きいことがわかります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧