新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 便秘について

症状

便秘について
食べた物が、便として出てくるまでの消化器官は約9mもあり、中でも腸は8m近くあります。
小腸で栄養素が消化吸収され、大腸で消化されなかった食物から水分を吸収して、便がつくられます。
一般的に、3日以上排便がない、もしくは1週間の排便回数が2回以下の方を便秘といいます。
症状が軽い場合は生活習慣や食事を見直すことで改善する場合もありますが、誤ったケアは症状を悪化させる場合がありますので、症状にあったケアが大切です。
○便秘の原因
・直腸に便が停滞しているタイプ
便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞してうまく排便できなくなるタイプ
・大腸の運動機能の低下のタイプ
腸管の緊張がゆるんでしまい、ぜん動運動(腸の運動)が十分行われないため、大腸内に便が長くとどまり、水分が過剰に吸収されて硬くなるタイプ
・大腸の過緊張のタイプ
副交感神経の過度の興奮によって腸管が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれずに、ウサギのフンのようなコロコロとした便になるタイプ。
○便秘の改善には
食生活の見直し(バランスのとれた食事)
毎日の軽い運動(ウォーキングなど)
生活習慣(ストレスをためないなど)
が必要になります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧