新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 むちうちについて

症状

むちうちについて
交通事故が原因となって起こる傷害のうち、約半分が「むち打ち症」と言われています。「むちうち症」とは、主に交通事故によって首に損傷を受けることによって起こる症状の総称です。
特徴としては、事故直後に痛みや不調を感じないことが多いということです。
なぜかというと、事故当時は興奮状態にあり、痛みを感じる感覚が麻痺している場合もあります。数日経過してから、首の調子がおかしいと感じたり、やたらと肩や背中の辺りが凝るなどの症状が出てくるパターンが多いです。
「むち打ち症治療協会」によると、「頚椎捻挫型」「根症状型」「バレ・リユウー症状型」「脊髄症状型」「脳髄液減少症」に分類されています。
交通事故による「むち打ち症」の約7~8割は、「頚椎捻挫」とされています。
自動車の衝突や追突により頸部が衝撃を受けることで、首の筋肉やじん帯、あるいは関節包(関節を包む組織)が損傷してしまうのが「頚椎捻挫」です。
頚椎捻挫型は手や足の捻挫・挫傷と同じで、症状は首を動かすと痛みを感じたり、動かせる範囲が狭くなったりするものです。痛みは首の後ろ、首の前面、側面、頭部、頚椎にわたり、凝りは首、肩上部、背中に出ます。また、上肢のだるさや痺れなどの症状が発生する場合もあります。
首は体重の10%の重量がある頭部を常に支えているため、その負荷を受けつつ捻挫・挫傷を治すにはそれなりの時間がかかることが多いです。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧