新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 生理痛について

症状

生理痛について
生理痛による身体の症状
○吐き気
その原因は、「プロスタグランジン」という物質です。プロスタグランジンは、子宮収縮を促して経血の排出をスムーズにしてくれるホルモンですが、この分泌量が多すぎると収縮が強くなって腹部に痛みを誘発します。
このプロスタグランジンは、子宮に加えて胃を収縮させる作用もあるため、過剰に分泌されると胃の不快感=吐き気となって現れるのです。
吐き気やムカつきの症状を緩和するためには、要因となるプロスタグランジンの過剰分泌を抑えることが肝心です。
ふだんから胃に負担をかけない食生活はもちろん、身体を冷やさない工夫や適度に身体を動かすことを心がけましょう。
○腰痛
原因にはこちらも「プロスタグランジン」が深く関係しています。
プロスタグランジンは、血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。
また、女性はストレスを感じると自律神経に影響を受けやすく、生理不順や生理痛に悩まされることが少なくありません。
そして、冷え症やストレス、ホルモンバランスの乱れなども無視できません。
これらによる骨盤内うっ血も生理中の腰痛に影響を与えています。
とくに、長年の冷えから腎臓や消化器に負担がかかっていると、腰痛につながります。
生理痛や腰痛は、血液の流れが滞っていると考えてもいいかもしれません。
日頃から冷え対策やストレス解消を心がけましょう。
○頭痛
とくに生理前と生理中に発生しやすく、その痛みは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量に影響していると考えられています。
エストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)は、生理周期によって大きく増減します。
エストロゲンは排卵前に分泌のピークを迎え、排卵後に急減し、その後また増えて、生理前に減少。
このとき、エストロゲンの急減に伴ってセロトニン(血管を収縮する作用がある脳内物質)も減少するため、脳内血管が拡張することで頭痛が起きます。
この頭痛は、通常の片頭痛よりも症状が長く続き、強い痛みとなって現れる傾向があります。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧