新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 不安感について

症状

不安感について
不安神経症とは、不安が原因として起こる病気のことです。
そもそも不安とは
不安とは‘対象のない恐怖’と定義されています。
気がかりなことがあるままの心の状態や、安心ができないことも、不安ということになります。
不安が過剰になり、コントロールできないまま苦痛が強くなり、確かな理由がない事柄に対しても不安や心配が起き、それが持続してしまう状態を全般性不安障害といいます。
家庭、会社、学校、近所づきあいをはじめ、地震などの天災、海外での戦争など、自分に関係するものだけに限らず、あらゆるものが不安を覚える対象になります。
こうして、自分ではどうすることもできない事についても深刻に悩み続けることで、不安や心配をコントロールできず、心はもちろん身体の状態も悪くなり、日常生活に支障をきたすようになってきます。
身体に及ぼす影響として
頭痛、めまい、頭の圧迫感、落ち着きがない、寒気、のぼせ、便秘、頻尿
など
こんな症状が出たら、日光に当たったり、軽い運動をしたり、もちろん精神的なケアも必要になります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧