新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 坐骨神経痛について

症状

  • HOME
  • ブログ
  • 症状
  • 新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 坐骨神経痛について
坐骨神経痛について
坐骨神経痛とは、お尻や足腰にジンジンとしたしびれや痛み、うずきが発生している状態です。
臀部(お尻)から太ももを通り足部に至る大きな坐骨神経に由来しています。
坐骨神経痛は疾患名ではなく症状です。この症状を引き起こす疾患には、腰椎椎間板ヘルニア、変性椎間板症、脊椎すべり症等がありますが、よくわからないことも多いです。(腰痛の80%は原因不明)
何らかの原因が他にあって、坐骨神経を刺激したり圧迫するなどして痛みやしびれを発生させている場合があります。しびれのある部分に原因がある場合もありますが、離れた部位に出ることも多いです。例えば、腰に原因があるのに裏ももにしびれを感じることは珍しくありません。
○こんな症状でお悩みではないですか
・腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、すね、足に痛みやしびれがある
・足の付け根、尾骨(尾てい骨)周辺、お尻の中の方としか言いようがない部分に痛みやしびれがある
・腰痛があり、同じ部分にしびれや違和感がある
・腰痛があり、腰の痛みとは離れた部分にしびれや違和感がある
・足を動かしたり、前屈や後屈、ひねり動作をすると痛みやしびれが強くなる。
・足に力が入りにくい
・お尻の筋肉が冷え固まっている感じがする
・痛みをラクにするために歩き方がおかしくなっている
など
筋肉の炎症が身体の中で起こっている場合は、修復のために時間がかかります。
しかし歪みをとることにより、可動域が広がり体の動きがスムーズになることにより、修復のスピードも上がりやすくなります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧