新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 めまいについて

症状

めまいについて
めまいの種類
○回転性のめまい
回転性のめまいの原因場所は、主に三半規管(さんはんきかん)にあります(脳の場合もあります)。三半規官は耳の中にあり、中はリンパ液で満たされています。体が動くと、このリンパ液も一緒に動き、体がどの方向に動いたかを三半規管の神経が察知します。
しかし様々な原因でリンパ液が多くなりすぎたりすると、体が動いてもいないのにリンパ液の圧力でリンパ液が動いてしまい、体が動いていると勘違いをしてしまいます。
そうすると、ぐるぐると回るようなめまいを感じることになります。このような回転性めまいは、メニエール(またはメニエール氏病)が代表的な病名ですが、メニエール以外でも前庭神経炎などでも起こります。
○動揺性のめまい
動揺性のめまいの発生場所は、脳幹や小脳というところにあります。脳幹は、脳の一番下にあり、平衡感覚をコントロールするところでもあります。小脳は大脳の後ろにあり、平衡感覚などをコントロールしてます。
脳幹の機能が低下していたり、病気になっていたりすると、フワフワと雲の上を歩いているようなふらつきを起こすめまいを感じることがあります。
脳幹はこれ以外にも呼吸 心拍 血圧 嘔吐反射などをコントロールするところなので、めまいと同時に吐き気、呼吸が苦しく感じる、動悸、飲みこみずらい、ろれつが回らない、高血圧または低血圧などの症状も一緒に出ることがあります
○眼前暗黒感
眼前暗黒感という、目の前が真っ暗になり意識を失いそうになるめまいの発生場所は脳です。
脳にいく血液が少なくなることで起こります。一番分かりやすいのは立ちくらみです。立ちくらみは起立性低血圧ともいい、座った状態からいきなり立ったりしたときに、脳に血液が送られず目の前が一瞬真っ暗になり、ふらふらしてしまうことです。
ひどい場合は、脳の虚血状態が続き失神してしまうことがあります。原因は疲労により、環境の変化に体がついてこられなくなることです。例えば、急に立ったりした時は頭の位置が上がります。すると血液は、急に頭の高さが上がった分、急に高いところまで行かなければならなくなります
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧