新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 不眠について

症状

不眠について
○入眠障害
床に入って寝つくまでに、30分~1時間以上かかるひとはこのタイプかも。
精神的な問題、不安や緊張が強いときなどにおこりやすいかもしれません。
○中途覚醒(夜中に目が覚める)
寝ている時に何度も目が覚めたり、一度起きたあとなかなか寝つけなくなる人はタイプかもしれません。
日本の成人の方では、不眠の訴えの中で最も多く(15~27%)、中高年でより頻度が高いといわれています。
○早朝覚醒(朝早く目が覚める)
朝、予定時間より2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまうタイプ。
高齢者に多いタイプです。
○熟眠障害(眠った気にならない)
睡眠時間を十分にとったにもかかわらず、熟眠感が得られないタイプ。
慢性的な不眠や睡眠不足は、うつ病などの精神疾患につながるだけでなく、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病になるリスクを高めてしまいます。
現在では、睡眠時間と生活習慣病は互いに関連性があり、相互に影響を与えているといわれています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧