新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 貧血について

症状

貧血について
日本人の成人女性のうちの約17%が貧血だというデータがあります。
貧血になると、血液を少しでも体中に送ろうとして心臓や肺に負担がかかるので、健康な状態よりも疲れやすくなります。
通常なら何でもないような運動でも動悸・息切れを起こすことがあります。
○貧血の症状
耳鳴り、めまい、立ちくらみ、疲れやすい、動悸、息切れ、食欲の減退、
顔色の悪さ、など。
最もよく見られるのが鉄欠乏性貧血です。この貧血は適切な治療を行うことで完治するため、それほど心配はいりません。
鉄欠乏性貧血では、上記の一般症状が徐々に表れてきます。その他、口の中の粘膜やあかんべえをしたときの下まぶたが白っぽくなるなどの症状が見られます。また、ひどい貧血が続くと爪がスプーン状に反り返ったり、もろくなったりします(さじ状爪といいます)。
鉄欠乏性貧血の原因としては、以下の2つが考えられます。
鉄分不足
赤身の肉が嫌いなど食生活による場合や、妊娠などで鉄の利用が増えるときに体内で鉄分が不足することがあります。日頃から栄養バランスのとれた食事をとることが予防につながります。
出血
閉経前の女性の場合、生理による出血が貧血の原因となることがあります。男性や閉経後の女性では、消化管出血が疑われます。
再生不良性貧血
血液をつくる骨髄が脂肪に置き換わり、赤血球も白血球も血小板も作らなくなってしまう病気です。一般症状に加えて、皮膚や歯茎から出血しやすくなったり、あざができやすい、注射などの後の出血がなかなか止まらなくなるという症状が見られます。血尿や血便が出ることもあります。
溶血性貧血
何らかの原因で赤血球が壊れやすくなることで起こります。
一般症状のほか、黄疸や脾臓の腫れといった症状が起こります。その他、尿の色が濃くなることがあります。
悪性貧血
ビタミンB12の欠乏によって起こります。中高年に多く、一般症状のほか、舌の荒れ、白髪の増加、手足がしびれる、精神症状などの症状が生じます。
二次性貧血(続発性貧血)
感染症、がん、腎臓病、肝臓病など他の病気の二次症状として起こります。一般的な貧血の症状が見られます。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧