新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 オスクグッド病について

症状

  • HOME
  • ブログ
  • 症状
  • 新潟県新発田市肩こり腰痛専門整体院すった家 オスクグッド病について
オスグッド病について
「オスグッド病」別名「オスグッド・シュラッター病」とも呼ばれ、主に成長期である小学校の高学年から高校生の子供に発症するスポーツ障害の一つです。
スポーツでも、バスケットボールなどの跳躍をするもの・バレーボールや陸上、ボールを蹴る動作のあるサッカーなどのスポーツで発症することが多いですが、どんな運動をしていてもなることがあります。
○症状
症状は膝の周囲の痛みや腫れです。
膝の皿(膝蓋骨)の5cm程度下の部位の痛みや腫れ、熱感があります。また、その部位に硬い盛り上がり(隆起)ができるのが特徴です。
膝の曲げ伸ばしの運動で負荷がかかる部分ですが、脛骨は10代ではまだ成長過程であり、完全な骨ではなく軟骨です。そのため、大腿四頭筋(膝蓋腱)と脛骨の付着は強固なものではありません。
発育期における運動の負荷が、大腿四頭筋(膝蓋腱)と脛骨の付着部に集中して、その付着部が剥離してしまうことがオスグッド病の原因です。
症状は片足だけのこともありますが、両足に出ることもあります。
休むと症状は良くなりますが、運動を再開するとまた症状が出現します。
身体のバランスの悪さも関係してきます。バランスが悪いと、膝に負担がかかってしまいその部分に炎症が起きてしまうこともあります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧