新潟市 新発田 肩こり腰痛 整体 すった家  腰椎すべり症

症状

腰椎すべり症について
背骨の一つ一つは積み重なりながら、身体で曲げたり捻ったりしてもずれないようになっています。
それは、骨がそれぞれ関節している。そしてその周りを靭帯などで強化しているからです。
しかしこれらの支えが何かしらの原因によりうまく働かなくなってしまうと、前にズルズルとすべってしまうことが、腰椎すべり症といいます。
原因としては多くは年齢を重ねることで起こる「変形性腰椎症」が起因となり高齢者に多いです。
症状としては
腰痛、下肢痛(痺れ、痛み、違和感など)、間欠性跛行(長く歩こうとすると足に違和感や痛みが出てきて歩けなくなり、休憩するとまた歩けるようになる)
などです。
手術などの重傷になることは少ないと言われています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧