新潟市 新発田 肩こり腰痛 整体 すった家  更年期障害について

症状

  • HOME
  • ブログ
  • 症状
  • 新潟市 新発田 肩こり腰痛 整体 すった家  更年期障害について
更年期障害について
更年期とは、女性の場合、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」のことをいいます。
日本人女性の場合、40代に入ると約5%の女性に生理不順がみられるようになり、45歳くらいから閉経する人が出始めます。日本人の平均閉経年齢は50歳ですから、45歳~55歳あたりが更年期にあたるといえるでしょう。
閉経が近づくと卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少します。それにともなって身体に出てくるさまざまな症状を総称して、更年期症状とよびます。
更年期症状
個人差はありますが、更年期初めに多くみられる症状です。
・ 月経異常:周期が短くなる、長くなる、不規則な出血がある
・ 自律神経失調症状:のぼせ、ほてり、発汗、冷え、ドキドキする、血圧 の変化
・ 精神神経症状:物忘れ、集中力の低下、不眠、イライラ、孤独感、憂う  つ、頭痛、めまい、しびれ
個人差はありますが、更年期中期~後期に多くみられる症状です。
・ 膣や膀胱などの衰え:頻尿、尿もれ、尿が我慢できない、細菌性膣炎を おこしやすい
・ 筋肉・骨格系の衰え:尿もれ、子宮脱、肩こり、背骨が痛い、関節痛、 腰痛、足がだるい
・ 皮膚の衰え:しみ、しわ、たるみ、透明感の低下など
自分は更年期なのではないか?
と思ったら、一度医療機関への受診も考えてみることも大切です。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧