新潟市 新発田 肩こり腰痛 整体 すった家 成長痛について

症状

成長痛について
原因は不明とされています。 成長期の子供に多くみられる痛みの症状の総称であって、明確な病気の定義ではありません。
成長痛の原因として考えられる理由に、骨端線の成長が上げられます。 成長期の子供は、骨端線が想像以上の速さで成長しています。この成長過程で骨端線(軟骨部分)において何らかの痛みが生じており、これが足や関節などの痛みの原因となっていると考えられています。
また、急激な骨の成長によって腱を通じ筋肉が引っ張られるようになります。これにより骨と筋肉の結合部分に炎症などが生じて、成長痛につながっていることも理由の一つとして考えられています。
○成長痛の特徴
・膝や下肢部分の痛み
・股関節の痛み
・足のかかとや甲の部分の痛み
など
また、時期的には3歳~5歳、中学生、高校生の年代で起こりやすく、
男子に多いのも特徴です。
基本的に痛みは治まりますので特に治療は必要ありません。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧