新潟市 新発田 肩こり腰痛 整体 すった家  シンスプリントについて

症状

  • HOME
  • ブログ
  • 症状
  • 新潟市 新発田 肩こり腰痛 整体 すった家  シンスプリントについて
シンスプリントについて
スネの内側やふくらはぎ、スネの内側を押すと痛いなどの症状があります。
反復するランニングやジャンプ、ダッシュからの急激なストップなどにより下腿の内側の骨に刺激が加わる事と、足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、下腿骨の骨膜を引っ張り炎症が起こるためだと考えられています。
特にスポーツ初心者の方や、部活を始めたばかりの年代に多いです。
筋肉がすねの骨膜(骨膜とは、骨をおおっている膜)を引っ張ります。
また、練習環境の変化や練習の質量の変化などによっても痛みが出ることがあります。
痛みが出た時の対処法
とりあえず練習を休む
その痛みを取り除く
血行の促進など
最近では、アイシングも辞めたほうが良いとの声も多い。
アイシングの目的
•冷やすことで炎症・内出血を抑える
•反熱作用(一時的に冷やすことでその後暖かくなる人間の体の反応)を使った血流促進
患部が内出血を起こし、腫れてズキズキ痛むときにはアイシングは有効だが普段のケアとして行う必要はない。また、反熱作用は、血流の促進効果が目的。であれば、冷やさずはじめから温めたほうが効果的だ。
との考え方が主流になりつつあります。
今までは、スポーツ後は冷やすと良いイメージがありましたが、症状により使い分けが必要になります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧