冷え症について

症状

冷え症について
外気温によって冷やされる程度ではなく、手と足の先端がかなり温まりにくく、慢性的に冷えているような感覚があるときに、冷え症と呼びます。
冷え症は、手足の先に行く細い血管の血行が悪くなり、手足や体の表面の温度が下がって冷たく感じる状態です。
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌低下や自律神経の乱れ、偏った食生活なども原因になります。
栄養が偏った食生活によるエネルギー不足、栄養バランスが偏った食事を続けていると、体の基礎となるたんぱく質や脂質、炭水化物と、それらの栄養を熱に変えるビタミン、ミネラルが不足し、冷え症になります。
極端な食事制限によるダイエットも、体温の元になるビタミンやミネラルが不足し、冷え症の原因になります。
きつい下着や露出の多いファッションによる血行不良も問題です。
体を強く締め付ける下着は、血液の流れを悪くするので、冷え症の原因になります。また、素足にサンダルや露出したファッションも、冷え症の原因になることがあります。
空調の効かせすぎによる自律神経の乱れも原因の一つです。
人の体は、自律神経の働きによって一定の温度に保たれています。しかし空調の効かせすぎによって室内外の温度差が激しくなると、自律神経の機能が乱れ、体温調節がうまくできなくなり、冷え症を引き起こすことがあります。
女性ホルモン(エストロゲン)の乱れによる血流作用の低下も原因の一つ
女性ホルモンは、女性の心と体をコントロールしています。また、手足の先に行く細い血管を拡げて、血流を多くする作用もあります。そのため、ストレスや更年期などによって女性ホルモンの分泌が乱れると、血行の悪化や卵巣の機能低下を招き、冷えをはじめ、生理痛や生理不順などのトラブルが起きやすくなります。
予防法として
38~40℃のぬるめのお湯に、20分程度つかりましょう。入浴後は簡単なストレッチをすると、さらに効果的です。湯船につかれないときは、シャワーだけですませず足湯で下半身をしっかり温めましょう。
朝食をしっかりと食べる。
朝食を食べないと、体温調節に必要なエネルギーをつくり出すことが困難になります。
運動で血行を良くする。
体中の筋肉を働かす全身運動が一番です。時間のない人は、足を軽く開いて立ち、両足一緒にかかとを上げ下げする背伸び運動を行いましょう。
冬場にある程度手先や足先が冷たくなるのは、当然のことです。ところが
夏なのにからだが冷えている、あるいはからだが冷たいと感じている症状などもそうです。からだの中から冷えるため、少しからだを動かしたくらいでは、なかなか温まらないのです。
・手足に冷えを感じるわけ
私たちのからだは、重要な臓器が集まるからだの中心部を一定の温度(通常は37度前後)に保とうとしています。 特に寒いときは、からだの中心部に血液を集めて、体温を維持しようとします。そのため末端である手先や足先には血液が行き渡りにくくなり、温度が下がりやすくなって、冷えを強く感じるようになります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧