新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 捻挫について

症状

捻挫とは
捻挫とは関節に過剰な力が加わることで、靱帯(じんたい)が伸びたり切れたりする外傷です。
捻挫はいろいろな関節に起こりえますが、構造上もっとも起こりやすいのは足の関節です。
捻挫を起こすと、皮下出血、腫れ、痛みなどの症状があり、靱帯の損傷の程度によって次のようにレベル分類されます。
捻挫のレベル 状態
1度 痛みも腫れも軽く、靱帯が一時的に伸びている程度
2度 靱帯の一部が切れている状態
3度 靱帯が完全に切れていて(靱帯断裂)、関節が不安定
一度損傷を受けた靱帯は再び伸びやすくなると言われています。完治には時間がかかり、適切な治療を受けなかったり、治療を中断すると、関節に不安定さが残る場合があります。
RICEの法則
「R」REST:安静
出血などを伴った場合、患部周辺の筋肉や関節が動くことによって血流が促進され、出血がひどくなる等の危険を防止します。
「I」ICE:氷で冷やす、アイシング
ケガを負った部位は細胞レベルで傷ついており、放置しておくと炎症が広がりやすいので、それを防止するために、氷水を清潔な状態で利用し、局所的に循環を抑えます。そうすることで患部への血流が制限され酵素の活性が少なくなるので、組織の破壊、壊疽を予防し、腫れも抑えることができます。なるべく受傷直後にゼロ度の氷(氷水)で15分から20分の間アイシングするのが効果的と言われています。
「C」COMPRESSION:患部を圧迫します
内出血と組織液の浸出による腫れを最小限にします。2、3日は患部に伸縮性のある包帯を巻いておきます。患部より少し広めに巻くといいでしょう。ただあまりきつく(抹消の色が変わってしまうほど)巻いてはいけません。腫れがおさまるとともに包帯をゆるめに巻きなおすといいです。包帯がない場合はタオルや布を利用するといいでしょう。腫れと内出血を抑え、痛みも軽減することがきます。
「E」ELEVATION:挙上
患部をなるべく心臓より高く保ちます。重力による出血量減少の効果を期待できます。挙上した状態を楽に保つため椅子や台などを利用するといいでしょう。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧