新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 寝違えについて

症状

寝違えとは
「寝違え」は一般的によく使われる言葉ですが、病名ではありません。
寝起きに首や肩などに痛みがある状態のことを通称して「寝違え」といいます。
寝違えは、症状が軽ければ数時間~1日程度の違和感ですみますが、重症のものだと起き上がるのもつらく、首が全く動かせないこともあります。
重症であれば、完治するまで1週間~10日程度かかることもあります。
寝違えの症状は、首から肩、背中にかけての痛みが主です。筋肉の強いこわばり感などで、動かすと痛みがあります。痛みのため、首の動きが制限されることがほとんどです。
左右のどちらか片方に痛みが出ることが多いです。しかし、重症のものは両側ともに痛みが出たり、広い範囲が痛んだりしてどの方向にもほとんど首を動かせない状態になります。
こんな症状が出たら寝違えかも
・朝起き上がるときに首に不快感がある
・急に首を横に回すと突っかかりを感じて痛みがある
・首が痛くて動かせない
・首を動かすと肩甲骨が痛い
・肩を動かすと首や肩甲骨が痛い
寝違えは、寝ている間に首や肩、背中などに何らかの力が持続的に加わってしまったために、筋肉が炎症を起こしている状態です。
ふつうは寝ている間であっても、無意識のうちに寝返りを打って姿勢を変えます。
しかし、疲れがたまって熟睡したときや泥酔しているとき、狭い場所で寝返りが打てないときなど、不自然な姿勢のまま長時間寝てしまった後に起こることが多いのです。
その他に、姿勢が悪い、枕が体に合っていない、ストレスがあり常に体が緊張している、日中のデスクワークやパソコン、スマートホンの見すぎ、体の冷えなども寝違えを起こす一因と考えられています。寝違えが頻繁に起こる人はこれらの要因が日常化しているのかもしれません。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧