新潟市 新発田 肩こり腰痛専門 整体 すった家 腱鞘炎とは

症状

腱鞘炎とは
腱鞘とは、腱と腱の周りにあり浮き上がりを抑える役目を果たすもので、その間に起きた炎症が腱鞘炎です。
キーボードで入力をする仕事や、漫画家、作家といった特定の関節を継続的に動かし続ける場合や、関節炎・怪我が原因で生じる場合が多くなっています。 最近ではスマホの普及により、使いすぎの方もなります。
腱鞘炎は段階を踏んで症状が悪化していくわけではなく、痛みを感じるまでの潜伏期間が長いため症状がすぐに現れません。
腱鞘炎の前兆
・うまく手を動かせない
・痛みはないが手首に腫れが見られる
・手を動かすとだるく感じる
初期症状になると次のような症状が現れます。
・指や手首を使った時の不快感 。
・瞬間的に痛みが走るが、次の瞬間痛みが消えていることがある。
 (瞬間的な痛み)
・痛い箇所はあるがどこが痛いのかよくわからない 。
悪化すると治療をしても再発を繰り返してしまうことが多いので、できるだけ初期段階での治療が必要です。
中期では、この場所を押すと痛いという痛みを感じる痛圧点が明確になり、痛み・不快感も継続的に起こるようになり日常生活に支障が出てくるようになります。この段階で初めて腱鞘炎であると自覚します。
末期症状になると神経痛が起こったり血流が悪くなって痛圧点の神経も麻痺した状態になるので痛みを感じなくなってしまいます。そうなると手術が必要になる場合もあります。
女性の場合ホルモンバランスの変化する更年期や出産などもなりやすく注意が必要です。その人の持っている筋力にとって負荷となるレベルの運動を続けると腱鞘炎の原因となります。
腱鞘炎にならないためには、何かの作業を長期間する場合は定期的に休みをとり、腱と腱鞘にかかる負荷を取り除くことが大切です。手や足など、関節が痛いと思ったら作業をやめて休みます。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧