新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 自律神経失調症について

症状

  • HOME
  • ブログ
  • 症状
  • 新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 自律神経失調症について
自律神経がうまくバランスを保ち働くことで、汗や体温の調節、血圧、呼吸、心臓の動き、食べ物の消化など人間にとって重要な活動が維持されています。
しかし、なんらかの理由で自律神経のバランスが乱れうまく調節できなくなった場合、様々な心身の不調があらわれることがあります。これを自律神経失調症と言います。
全身症状:倦怠感、疲れやすい、眠気、食欲不振、身体がだるくて重いなど
頭:頭痛、頭が重い、ぼーっとするなど
呼吸:息苦しい、息切れなど
心臓:動悸、胸が苦しい、ふらふらする、立ちくらみ、不整脈、血圧の変動など
消化管:胸焼け、胃がむかむかする、吐き気、下痢、便秘、みぞおちの痛み、お腹が張りやすいなど
膀胱:トイレが近い、残尿感がある、尿が出しにくいなど
生殖器:月経不順、月経痛、不感症など
その他:冷え、のぼせ、しびれ、震え、耳鳴り、ほてり、肩こり、腰痛、目の疲れ、口の渇き、めまい、汗をかきやすい、不安感、イライラ、緊張、不眠、皮膚のかゆみなど
自律神経失調症の最も大きな原因は過度なストレスや生活習慣の乱れと言われています。
ストレスの原因は、家庭や職場の人間関係、生活環境の変化、元々の性格(真面目・責任感が強い・完璧主義など)、緊張・不安感の増強、社会的環境の変化など、その人にとっての精神的負担があげられます。
また、睡眠不足や生活習慣の乱れは自律神経のバランスを崩しやすく、夜更かしや夜勤、長時間労働などで不規則な生活や本来の生体リズムを崩し続けると、自律神経失調症を引き起こしやすくなります。
自律神経は女性ホルモンの分泌も調節しています。そのため、女性ホルモンの分泌バランスが崩れると自律神経も乱れ影響を与えるとされています。そのため、自律神経失調症は男性より女性に多いと言われています。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧