新潟市 新発田 肩こり腰痛専門 整体 すった家 手足のこわばり

症状

  • HOME
  • ブログ
  • 症状
  • 新潟市 新発田 肩こり腰痛専門 整体 すった家 手足のこわばり
手足のこわばり
手足のこわばりは女性ホルモン(エストロゲン)の減少とは関係ないと思われがちですが、関節痛や手足の痛み、こわばり、しびれも更年期には多く見られます。
血流の低下、骨量減少や骨質の低下なども関節・手足の不調となって現れます。
骨量減少は、代謝異常はエストロゲン低下から起こる代表的な疾患(骨粗しょう症)で、閉経前後から女性の骨量は急激に減少していきます。
軟骨にも同じことが起きています。
軟骨が減ると関節がスムーズに動かせなくなり、痛みや炎症がおきます。
▼痛みやこわばりを感じるが、リウマチ検査はマイナス。
▼足が痺れてゴアゴア感
▼膝が曲げられない
▼朝から午前中に手先のしびれ
▼足の甲、ふくらはぎ、アキレス腱など、風にあたると痛い
▼手のこわばり、指が太くなった感じがする。
▼手がチリチリ、ちくちく痛む。
▼関節の痛みで立てない、字も書けない
▼手の指が痛い、手をかばうので右腕がこっている
▼長時間椅子に座っていられないので仕事に差し支える
関節の痛みがある疾患では、関節リウマチは更年期世代の女性に多く発症する、性差のある疾患です。
関節リウマチの初期症状と、更年期の関節の異常はよく似ているともいわれます。
また、エストロゲンの減少が、リウマチ発症のきっかけになるという説もあります。
体調に不安があると体を動かすのが面倒になり、筋力が落ちてしまいます。
代謝も低下するので体重が増加し、関節に負担がかかっていることもあります。
肥満に注意し、食生活と運動を見直しましょう。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧