新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 野球肩とは

症状

野球肩とは
ボールを投げる動作から投げ終わった後に起こる肩の痛みの事です。
特に野球をしている人に多いですが、他にもハンドボール、アメフト、バレーボール、陸上の槍投げなど肩に負担がかかるスポーツに起こりうる症状です。
特に10〜17歳のジュニア期に起こりやすく、そのほとんどが野球のピッチャーかキャッチャーです。
原因としては投げ過ぎによる過負荷が多くの割合を占めますが、一回の動作で過剰に負担をかけてしまって発症する事もあります。
野球肩といっても痛める場所や原因によって様々な医学的な名称がつけられています。
(例 インピンジメント症候群、滑液包炎、上腕二頭筋長頭腱炎、棘上筋炎、腱板損傷、腱板断裂、関節唇損傷、肩甲上神経麻痺など)
肩は非常に複雑な構造となっていて、色々な病態が合わさって症状が起こっている事も多いです。なので正確な診断名をつけることが困難であるため総称して野球肩と呼ばれる事が多いのが現状です。
どんな人がなりやすいのか?
肩の動きに制限がある。
肩甲骨高さに左右差がある。など
なってしまったら、肩に負担のかからないよう練習を中断して休む。
冷却で冷やすなどの処置をおこなってください。
無理をして悪化すると最悪手術などになってしまいます。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧