新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 インピンジメント症候群

症状

  • HOME
  • ブログ
  • 症状
  • 新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 インピンジメント症候群
インピンジメント症候群について
まず、インピンジメントとは衝突や挟まるの意味があります。
肩を上げていくときや動かすと、ある角度で痛みや引っかかりを感じ、それ以上に挙上できなくなる症状の総称です。
悪化するとこわばりや筋力低下なども伴い、夜間痛を訴えることもあります。
肩を挙上するとき、または挙上した位置から下ろしてくるとき、だいたい60-120°の間で特に強い痛みを感じることがあり、有痛弧徴候(ペインフルアーク)といわれます。
骨形態の個人差として肩峰がもともと下方に突出している場合や加齢変化として肩峰下に骨棘ができた場合のほか、投球動作など腕をよく使うスポーツ選手にも発症します。
一般的にインナーマッスルまたは腱板(けんばん)と言われている筋肉が肩関節を包み込むように存在しています。また、肩関節には肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)という袋が骨と筋肉の間に存在することで、腱板が動きやすいようにクッションのように衝撃を吸収して腱板を保護しています。
多くの場合、突発的に痛めるというよりも、徐々に積み重ねで発症します。
日常的に肩を上げたような姿勢で仕事をする職業(建築作業など)や肩を頻繁に使うスポーツ(テニス、野球、バドミントン、ゴルフなど)で徐々に痛みを起こしてくることが多いようです。
その他、加齢による腱板の変性や血行不全、日々の姿勢や動作の積み重ねで少しずつ症状が起こる場合があります。
具体的には猫背のような同一姿勢や腕を頻繁にあげることによって筋肉や靭帯などに損傷が起きます。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧