新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 梨状筋症候群について

症状

  • HOME
  • ブログ
  • 症状
  • 新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 梨状筋症候群について
梨状筋症候群
おしりの筋肉が原因?
「梨状筋症候群」
梨状筋症候群とは、梨状筋が拘縮してしまうことが原因によって起こる
痛みやしびれ等症状の名称です。
坐骨神経のすぐ近くに位置することで
梨状筋症候群=坐骨神経痛と判断され(症状も同じ)、
梨状筋症候群という名称を使わず、そのまま坐骨神経痛と診断されるケースがほとんどだと言われています
お尻の筋肉は、大臀筋が全体を覆い深部には・中臀筋・小臀筋(臀筋群)。
梨状筋はこれらの筋肉のさらに深部に位置しています。
大腿骨と骨盤の仙骨をつなぐインナーマッスル(大臀筋・中臀筋・小臀筋をサポート)です。
そして、梨状筋よりさらに深部に位置する神経…それが、坐骨神経なのです。
臀筋群がカチンコチンに拘縮して(こわばって)くると梨状筋も圧迫され始めます。
圧迫が限界になった時、坐骨神経痛を併発してしまうのです(これが、梨状筋症候群の瞬間です)。
結局、梨状筋症候群とはおしりの筋肉や、その奥の筋肉が生活習慣や悪いクセによりカチカチに硬くなってしまい
骨盤なども引っ張ってしまって、坐骨神経を圧迫してしまうのですね。
だから…
そのカチカチに硬くなった筋肉をゆるゆる~ふわふわ~に緩めて
骨盤も正しい位置に戻してあげる
そして生活習慣を見直すことで
改善しませんか?
改善させましょう!
痛くない、ソフトな整体でおしりもゆるゆる~に
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧