新潟市 新発田 肩こり 腰痛 整体 すった家 坐骨神経痛

症状

何らかの原因があり坐骨神経を刺激したり圧迫するなどして痛みやしびれを発生させています。
しびれのある部分に原因がある場合もありますが、離れた部位に出ることも多いです。
例えば、腰に原因があるのに裏ももにしびれを感じることもあります。
こんな症状ありませんか?
・腰、お尻、下肢(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)に痛みやしびれがある
・「足の付け根」、「尾骨(尾てい骨)周辺」、「お尻の中」としか言いようがない部分に痛みやしびれがある
・腰痛があり、同じ部分にしびれや違和感がある
・腰痛がありながら、腰の痛みとは離れた部分にしびれや違和感がある
・足を動かしたり、前屈や後ろぞり、ひねり動作をすると痛みやしびれが強くなる。場合によってはカラダを動かしたり歩くことも困難になる
・足に力が入りにくくなる
・痛みやしびれ、麻痺、違和感のせいで座ったりしゃがむことがつらくなったり、排尿・排便に支障を来している
・腰やお尻、下肢を触ると感覚がおかしい
・お尻の筋肉が冷え固まっている感じがする
・痛みをラクにするために歩き方がおかしくなっている
坐骨神経痛の典型的な症状として、お尻のコリが挙げられます。
坐骨神経痛の原因の1つは臀部の筋群の拘縮によるものですが,
筋肉のバランスの崩れから骨盤の歪みもおこっています。
骨盤の歪みとは…生活習慣によるアンバランスな姿勢が続くことで、
筋肉の疲労が重なり、張力のバランスが崩れ…
骨盤の中央に位置する仙骨と腸骨の間にある仙腸関節が歪むことを言います。
お尻の筋肉のコリを緩和させることで張力バランスも正常化
骨盤の歪みも整えることが出来るのです。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧