電気や牽引をしても身体が良くならない理由とは…?

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                            院長の鈴木です。

みなさんは整形外科さんにいったことありますか?

けっこう行かれたことがある又は今も通っているという人が多いのではないかと思います。    その中で「電気」や「牽引」をしたことがあると思います。

今回はその電気や牽引でなぜ症状が良くならないのか?                         を説明していきます。

例えば腰痛であなたが整形外科にいきました。レントゲンを撮り、先生の診断が終わりあなたの病名がつけられます。

例えばヘルニアや狭窄症などでしょうか、または腰の骨の何番が…とか軟骨が…などと言われたとします。そして、看護婦さんや病院スタッフによりまずは電気をかけられるとします。たぶんこう言われますでしょう。                                                 「~さんは腰が悪いので腰に電気をかけますね。」と。

そして時間が経つまでそのまま待ちます。はい終わりました。さあどうでしょう?            あなたの腰はどうなりましたか?                                         ひょっとしたら良くなっているかたもいるのかもしれません。その時だけは…

では牽引もしてみましょう。腰が悪いから腰を引っ張りましょう。はいそこに座って…ひょっとしたらラクになるかもしれません。

そして何日も通えば治るかも…                                         本当ですか?                                                    本当にそう思います?                                               そう思う方はそれでいいと思います。

病院に通って半日つぶして今日は何もしていないわけじゃない。病院に行っていたの。      私は腰が痛いのよ。と自分や家族を納得させてあげてください。

では、それでは治らなかった人はどうしますか?                               考えてみましょう。                                                    なぜ治らないのか?

私の考えを言わせてもらうと

「そこに原因がないからです」

腰が痛いからといって腰に原因があるわけではないと言いたいのです。

だから腰に電気、牽引をしても良くならないのです。

そこじゃないのだから。

例えばですが、ふくらはぎありますよね。ここが固くなると腰痛の原因になりますよ。筋肉のつながりでそうなっています。そうなるとふくらはぎに原因があるのに、もっと細かくいうとふくらはぎを硬くしてしまうことが原因ですが。

なのに腰に何かしたって、良くならないですよね。

こういうところに目を向けていかないと、根本的な改善にはなりません。               もっと自分の身体に興味と関心を持ちましょう。

では、

また。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧