代償動作のメリットとデメリットとは?

未分類, 症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                      院長の鈴木です。

今日は代償動作についてですね。                                             代償動作はわかりますか?                                                 痛い部位をかばう動作ですね。

もっと細かくいうと、痛みがあるところを動かさないようにする動きです。

この動作によるメリットからお話しします。

〇メリット→痛い部分を動かさなくてすむ。

はい。これです。無意識のうちに身体が勝手に痛いところをかばっているので痛みのある場所は動かさなくて良いのです.     これは無意識の反応で体を守るための反応ですね。こうして痛いところがもっと痛くなるのを防いでいます。

〇デメリット→痛い部分を動かさないため、その部分がどんどん硬くなってしまいます。人間の身体は使わない部分は退化していきます。例えば、しっぽとかです。お尻のところを触ると尾骨という骨がありますが、これは昔しっぽのあった名残ですよね。

で、動きが悪くなるとその負担を他の場所が補います。そうするとかばって頑張っている所に無理がかかります。その部分に痛みが出ます。そうやって繰り返すことで全身に痛みが出る。あっちもこっちもここも痛いとか。なのでどうした方が良いか?となると最初に出た硬くなる部分(痛い部位)に動きを出してあげることが大切です。かと言って、エイッと動かすのではなく無理のないくらいで動かしてあげるのです。

はい、今日は代償動作のお話しでした。

では、また。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧