姿勢と椎間板への負担が関係している?

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                       院長の鈴木です。

私は毎朝チラシのポスティングを行っているのですが、今日は寝坊しました。                         ゆっくり布団で寝ていたい季節なんですよね…寒いし

さて、姿勢と椎間板についてです。

椎間板ヘルニアとかは聞いたことがあるかと思います。                                   背骨を構成する椎骨というものがありその一つ一つの間に軟骨があるのですが、それです。

椎間板ヘルニアなどの手術を受けたのに、その後また同じところが痛くなる。                         よく聞くお話しです。                                                  これは姿勢が悪いのです。                                                その人の姿勢が手術したあとも同じ所に負担をかけるような姿勢をとっているから同じ症状が出ます。

ではどんな姿勢が良いのでしょう?                                            どんな姿勢が負担がかからないのかを説明します。

立位(立っている姿勢)→椎間板への負担 1

立位で前かがみ→椎間板への負担 1、5

立位で前かがみで物を持つ→椎間板への負担 2

 

座位(椅子に腰かける)→椎間板への負担 1、5

座位で前かがみ→椎間板への負担 2

座位で前かがみで物を持つ→椎間板への負担 3

座っていることは立っていることよりも負担がかかることがわかります。                           日常動作で注意してみてはいかがでしょうか。

では、

また。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧