痛みの原因は骨の変形のせいなのか?

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院の院長の鈴木です。

今回は骨が変形しているから、痛みがでるのか?                                      というお話です。

病院などで首や肩、腰、膝などのレントゲンやMRIなどの画像を撮るかと思います。                      痛みの原因がどこにあるのだろうと緊張しますよね。                                    そして先生のお話しです。                                                  「ここの骨が変形しています。」と言われたとします。

さて、本当にそうなのでしょうか?                                            そうだとしたらその人の症状はずっと痛いままなのでしょうか?

答えは「変形の程度によっては痛みをだしていることがある」程度の理解で良いかと思います。

変形していたからといって、全てが痛みの原因にはならない。                                  と考えています。                                                    なぜならおばあちゃんが腰がすごーく曲がっている。えー、そんなに曲がってて痛くないのーと思うような人っていますよね。   その方の骨は確実に変形しているでしょう。                                        ではなぜ痛みはないのでしょうか?

多くの場合、「筋肉が原因である」です。

筋肉がつかれている、使いすぎている。→筋肉に行かなければならない酸素などが不足しているなどの理由で痛みになります。

たまたま骨の変形がある場所とそんな筋肉が一緒にあっただけです。

レントゲンで骨が変形しています。と言われて、その痛みって考えたら取れないはず。                     その診断を受けてずっと痛い人は何人くらいいるのでしょう?

いつの間にか痛みがあるのも忘れているのではないですかね。                                   だとすると骨の変形≠痛みになりませんか?

では、

また。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧