身体に負担をかける代償動作の例

症状

こんにちは。                                                      新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                      院長の鈴木です。

今回は前回お話しした代償動作の例を挙げていきます。

例えば足を折った、アキレス腱を切った、ひどい足首の捻挫をした。                        とします。                                                  足をついても痛い。でも歩かないといけない。となると松葉つえなどを勧められると思います。             たしかにそれはそうです。                                           生活できませんからね。

松葉つえを例えば2つ使うとして、両方の脇の下に入れます。これで生活します。                      すると足はつかないので、痛みはありません。しかし、足の代わりに腕や胸の筋肉は使っているわけです。           これが代償動作です。                                              この状態が1ヶ月や2ヶ月続いていざ歩いてみるとバランスが悪い歩き方になります。                やたらと両方の胸や腕に力が入り、ラガーマンのように歩くかもしれません。                      これが代償動作により身体に負担がかかっている例です。

もう一つ。                                                   腕が上がらない時の代償動作です。                                           腕が途中までは上がるけれども、それ以上は上がらない。                                   そうなると…身体ごと斜めの上げてきたり…身体を捻ってあげてみたり…

となると身体で代償するわけですから、背中や肩などに疲労や痛みがでてくるかもしれませんね。

ということで代償動作の例をあげてみました。

これは松葉づえが悪いとかではなく、どこか悪いところがあればそれを補おうと無意識にカバーするのが当たり前なのでしょうがないのですが、その期間が長ければ違う場所を傷めてしまいますよ。という説明です。            なので、腰が痛いのを放っておいたら、違う所が痛くなり…その結果治るのに時間がかかるということが当たり前に出てきます。なので、早めの処置が必要になります。

では、

また。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧