身体が歪んでしまう原因とは…?

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院                                      院長の鈴木です。

新発田は今週雨マークが多い天気予報ですね。                                   この時期は早く暗くなるし、雨は多いしで私的には一番嫌な時期です。                        それでもがんばっていきましょう。

今回は身体が歪んでしまう原因をいくつか挙げていきます。                               例をあげていくと自分も当てはまるという人は結構います。                            ご自身の生活と合わせてお読み下さいませ。

①外力周りからの影響(事故や誰かから殴られたなど)                               これは自分ではどうしようもない事なのですが、歪みの原因の1つにはあげておきます。

②無理な動かし方                                               例えば子供さんの運動会にて、お父さんのリレーがあったとします。                           あるあるですが、ここぞとばかりに昔の感覚で走ってしまうと…ぶちっとアキレス腱が切れてしまいました。                      となるとこれは自身の感覚と実際の筋肉のズレですよね。                                 無理に筋肉を働かせすぎです。                                          練習は必要でしょう。ストレッチとかも。

③わりと楽なんだけど持続的に行わなければならないこと                                   これは仕事の現場でも見受けられます。                                            軽作業なんだけれども毎日、長時間行わなければならない仕事。                               流れ作業で毎日同じレーンで同じ作業をくり返す。                                    スーパーの品出しで毎日繰り返し立ったりしゃがんだり荷物を持ったりなど。                         毎日の長時間の運転など。                                                     これはその時はさほど気にはならないかもしれませんが、毎日繰り返すことによりその蓄積は溜まっていきます。

④長時間の同一姿勢                                                   長時間立ったままだったり、反対に長時間座ったままだったりこれも歪みの原因です。

⑤痛みをかばう                                                        これは前回もお伝えしましたが、痛みをかばうことで新しい痛みの構築がおこります。

あなたがどれかに当てはまりましたか?痛みが出ないように気を付けてくださいね。

では、

また。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧