足の裏が痛い時に見てもらいたいところ

症状

こんにちは

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院                                     院長の鈴木です。

空いた時間を利用してチラシのポスティングをしてずぶ濡れです…                         風邪には気を付けましょう。

さて、今回は当院でもたまにあります足の裏が痛い患者さん。                             足の裏が痛いことで来ている人はいませんが、腰痛があって実は足の裏も痛いんですよね。                という方はよくいます。                                              どんな時に痛いですか?と聞くとあるいていて足を着いた時に…が多いパターンです。                     ビキッと痛いとか。

お医者さんに行くと足底腱膜炎ですね。                                         とか特に原因はないけど少ししたら落ち着くと思うから様子見てみて。                             などと言われて湿布や塗り薬、インソールの話などをするかもしれません。

その前に…

足の裏の痛いところに原因はないとしたら…?

これは効果のあった事例です。                                             どこがポイントだったかというと足の指です。                                                    足の指5本ありますが、足と足の指の付け根の裏ですね。                                           ここを触ってみてください。痛い、固い人はそこをグリグリとしてみてください。                                    最初は痛いと思いますが徐々に痛みが取れてくるかと思います。                                   これを5本全てやってください。全部やったら歩いてみて。先ほど歩いた痛みがどうなっているのかを見てみましょう。 変化ありましたか?

これは、足の指が曲がっている人に多くみられます。                                   靴が小さい、つま先が狭い、外回りのお仕事でよく歩く、こういった方々は気をつけて。

では

また。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧