ハイヒールと腰痛の関係性とは?

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家の院長鈴木です。

今日はお昼に時間がありましたのでポスティング。                                 その最中に、あるお家の駐車場に止まっている車のハザードランプが付きっぱなしになっていました。            みなさんならどうしますか?                                               私はそのお家にピンポンして教えてあげました。                                       感謝されるとこちらもうれしいですよね。                                      良い事をしました。

さて、営業のお仕事などでハイヒールを履く方もいるかもしれません。                                今回はそのハイヒールと腰痛の関連性についてです。                                   まずハイヒールを履くと足や指はどうなるのかというと、足指はつまります。                          ハイヒールの先は狭くとがっているのでそこに足の指がギュウ―と押さえられてしまいます。

次にかかとに高さがありますから、かかとが浮いてふくらはぎが常につっぱっています。                  ではこの2点がなぜ腰痛に関係があるのかというと…

以前のブログでも書きましたが、繋がりがある。です。                                    足の指→ふくらはぎ→腰の筋肉とつながっています。                                      なので硬くなったり引っ張られたりするとその繋がっている部分に症状が出ることがあります。                 これは腰だけの問題ではなく、結果として首に症状が出たりもします。

仕事は大変でしょうけど、自分でケアを行いしっかりと伸ばしたり、ふくらはぎを柔らかくしたり、足首を回したり、足の指を揉んだりして1日の歪みをしっかりと取りましょう。

では、

また。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧