腰痛改善に筋力トレーニングは必要か?

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院                                         院長の鈴木です

昨日、おとといは東京でセミナーでした。向こうはいい天気でしたよ。やはりこちらよりも温かいですね。           体調管理に気を付けましょう。

今回は、腰痛の時に言われたことがあるであろう、もしくはTVなどで見たことがあるであろう。              「腰が痛い時に腹筋と背筋をすれば良い」という考え方についてです。

はじめから言っておきますと、私はあまりお勧めしません。私の患者さんならやめてくださいと言います。          ただこれは1つの考え方ですので、考え方はいくつもあって良いと思います。                    どれを信じて、実行するかはご本人が決めることですからね。

ポイント1

〇そもそも筋力は落ちているのか?                                            寝たきりの生活をしている方なら筋力が落ちていても不思議ではありません。                        しかし、日常生活が出来ていて、腰が痛くなったからといって筋力が落ちているというのはどうなのでしょう?          私は筋力は落ちていないと思いますよ。筋力の問題じゃない腰痛ですね。                             腰痛がでた、これは筋力が問題だ。                                              そこの問題ではない腰痛はたくさんあります。                                        なので、腰痛=筋力 というのは違いますね。

ポイント2

〇筋力が足りないのではなく、そもそも腰にかかる負担が大きいのでは?                           仕事などで常に重い物を運ぶとか繰り返しかがむとかです。                               これは体幹の筋肉を常に使っていますので、筋力がないのではなくて常の負担が大きすぎるために腰が痛くなる例ですね。なのでこの場合は負担のかけ方を変えてあげた方が良いです。

ポイント3

〇腰痛なのにトレーニングを頑張らなくてはいけないのか?                                   頑張らなくても良いです。頑張ることで余計に腰を痛めてしまいます。                             トレーニングをすることで痛みがでるようなら速攻で辞めてくださいね。

とこのように様々な視点からみていくと、様々な考え方があると思います。                        TVでやっていたから間違いない!とか、医者が言っていたから間違いない!                            ではなくて、そもそもそれをやる理由ややったなら結果がどうなのか?を検証していかないといけませんね。

では、

また。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧