デスクワーク時の姿勢対策はこれです!

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                          院長の鈴木です。

雪降りましたね… 私は雨が嫌なのでまだ助かります。                                   駐車場の前は消雪の水が出ますので、問題なく車は止められるはずです。

今回はデスクワークの時にどのようなことに気をつければ良いのか?というところです。                           目の前のことをどれだけそのまま受け入れることなく自分の身体に合わせられるのかが鍵ですね。

①長時間同じ姿勢をとらない

これは、以前にも書きましたがその通りの意味でなんでもそうですが長時間同じ姿勢をしているとその姿勢をとるために常に筋肉は働いています。                                                          なのでそこで働いている筋肉に負担がかかり硬くなり、コリや痛みに変わります。長時間同じ姿勢をとらない、時間をみて席をたったり、トイレに行くとか、伸びをするとかそんな工夫が必要です。                               よく、うちの職場はそんなこと無理です。という方がいますが本当でしょうか?                                                  だいたいの人が環境のせいにして、実はただ面倒くさいだけなのでは?と思うこともあります。

②デスク、モニター、イスの高さが合っていない

高さが合っていない、距離が遠いなどです。                                               就職すればあなたの席があるかと思います。                                               しかし、その机やいすをきちんと自分に合わせて調節して使用している方はどのくらいいるのでしょうか?                    PCのモニターの高さや距離はどうですか?                                               モニターが斜めにむいていればあなたの首も斜めになっているはずです。                                 周りの環境に自分があわせるのではなく、自分に対して周りの環境をあわせるようにしてあげることが大切です。                  そうすることでどれだけラクに毎日の業務ができるか想像してみましょう。                                  そして実践してみましょう。

では、また。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧