なぜ痛いところが変わるように感じるのか?

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                          院長の鈴木です。

あっという間に12月も半ばですね。早いです。今月はあと1回東京でセミナーです。向こうで雪が降ると大変なことになるので、雪が降らんことを祈ります。

さて、今回は最初はここが痛かったのに、そこの痛みがなくなってきたら今度は他の所が痛くなってきた。というお話です。

なんでそんなことがおこるのか?                                                   そもそも本当なのか?                                                          実際に痛いところが変わる場合ですが、これは本当に痛い箇所をかばってしまって他の部分に負担がかかってしまい、痛い場合。

元々あったけれどもそこまで気にしていなかった場合。                                          一番痛いところが気になりすぎて他の部位の痛みを忘れている。

腰が痛い→肩が痛い

もともと肩が痛かったのもあるが、腰がもっと痛かったので腰が良くなってきたら肩の痛みに気付いた。                        いきなり他の部位が新しく痛みが出るということはないです。                                      原因の積み重ねにより痛みというものはでるので。

心配しなくて良いですよ。

では

また。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧