痛みの変化よりも動きの改善に目を向ける!

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                           院長の鈴木です。

今週末から新潟はずいぶん冷え込むようですね。                                          今でも十分寒いですが、どうなることやら…

初詣の事を昨日考えていたのです。どこに何時に、お札とお守りと…などいろいろ考えてました。                  私、来年が前厄だと思っていたのですが、数えでの年のことをすっかり忘れてました。                             ということは、今年が前厄で、来年は本厄ですね。

速攻で神社に電話して、新発田の諏訪神社は1月1日に予約はいらないので来てくださいとのこと。                    もう一つの旦飯野神社は1月15日まで埋まっているとのことで、16日に予約しました。(一応2つ行く)               これで少しは安心です。

さて、みなさんは身体が痛い時にストレッチやマッサージなどをするかと思います。で、終わった後で痛みはどうなったかな?と確認するかもしれません。あんまり変わっていないな…少しはいいかな…などと思うかもしれませんね。

でも少し待ってください。

やる前とやった後の身体の動きはどうですか?(可動域のこと)

あなたの今悩んでいる痛みは身体の動きの制限があるがために起こっているとしたらどうでしょうか?

ある部分が動きにくい→他の部分に負担がかかる

そのために痛みが出ているとしたら…

なので痛みに着目するよりも、動きに着目してみてください。

参考にしてください。

では、また。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧