ずっと通っているのに良くならないのはなぜ?

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                           院長の鈴木です。

今日はまた一段と寒いですね。寒波ですか。                                            まだ寒さに身体が慣れないので、イマイチ仕事のはかどりが良くないですね。                               年末ということもあるかな…

今日はお医者さんや接骨院などにずっと通っているのに良くならないのはどうしてなの?というお話です。               良くなっていればそれはそれで良いです。でも良くならない人っていますよね。                             これはどうして?私が悪いのかしら?と自分を責める人もいるかな?

例えば、腰が痛くて医者に行ったんだけどレントゲンもMRIも問題なく、異常はありませんよ。と言われた。              あとは、異常ないから年ですね。とか頑張りすぎとか、仕事のし過ぎとか…

まあ、とにかく腰に問題はありません。となるわけです。                                        ここであなたがどう思うかは置いといて、お医者さんがデータを見ていうのだから間違いはないかと思うんですね。           腰には異常がないということです。

腰には…ですよ。

じゃあ、今腰に出ている痛みはどこからきているの?と考えられるかどうかです。                          医者にいったのに問題ないっていわれた。                                                痛いのにさー。ぷりぷりぷんぷんと怒るのか、それとももっと怖くなって精密検査を受けてみようと思うのか…

それとも腰に出ている痛みは腰が原因ではないのではないか。と思うかです。

この結果からお医者さんにこれ以上通っても意味があるとは思えません。                                なので、違う視点で見てくれる所に行かなければそれ以上の進展はないんですよね。

この腰の痛みはですねー、カタークなったふくらはぎが原因です。                                    なんていわれたら、そりゃ腰調べても異常はないはずだわ。と思うでしょう?

もしもあなたが上記のように困っていたら、そんな視点で見てくれる所に行きましょうね。

あ、うちもそんな視点で診てますけど(笑)

 

では、また。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧