自分の身体の声を聞いて自分の身体を把握しましょう!

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                               院長の鈴木です。

お正月からわりと天気がよく、雪も積もらないので安心しています。そのうちドカンと降らなければ良いのですが…

さて、今日は自分の身体のことを把握しましょうというお話しです。                                 自分の身体の事がわかっていれば、対処法もわかってきますよ。

痛みのない身体→ツッパリ感、動きにくい、張り感など→軽い痛み→痛み→激痛

のように自分が本当に痛みを感じるまでにはこんな感じの順番で進んでいきます。                              段階があるのですね。                                                   いきなり激痛にはならない。体は激痛になる前に

おかしくないよ→ちょっと変だよ→なんか変だよ→やっぱり変だよ→本当に変だよ

と教えてくれている。サインを出してくれています。                                          このサインに自分がどれだけ気が付けるのか?がポイントです。

もしも気づかないのであれば、いきなり激痛が走った!すごく痛い。どうすればいいんだー。となります。                   でももっと前の段階で気付いていれば…

例えば、ちょっと変だな…と感じた時に自分でストレッチなどをしてケアしたとします。結果として激痛になるまでにはいたらず、少しおかしかったけど、なんともなかったよ。で済むかもしれません。

このように自分の身体をどこまで把握しているのか?というのは非常に大切になります。                           毎日自分でストレッチや体操をしている人はけっこう違いの感覚はすぐれていると思います。                        逆に何もしないで、負荷ばかりかけている身体の人ほど自分の身体の感覚は分かりにくい傾向にありますよ。

あなたはどちらでしょう?

では、また。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧