私の小学校時代までを振り返る

当院について

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                             院長の鈴木です。

本日は私のお話しで、小学校時代までを振り返ります。

まず、私の生まれは新潟市らしいです。新潟に父(次男)の実家(空港の辺り)があるのですが、その辺りに家を建てていたそうです。 その家は家事になり、新発田(母の地元)に来たようです。私はその頃の記憶はもちろんありません。

父は銀行マンをしていましたが母方の親が会社を経営していて、後に銀行をやめて会社に入ります。                    私のかすかな記憶では、母に手をひかれて父に会いに銀行にいったような気がします。

私は小さいころはカラダが弱く、よく風邪や熱を出していたみたいです。

幼稚園はわかば幼稚園でした。当時の写真などをみると本当にやせっぽっちで、ひょろひょろです。当時の幼稚園の先生が大好きで初恋だったのを覚えています。                                                     そして私はこの頃から照れ屋さんで、先生とはほとんど話すらできませんでした。

小学校は猿橋小学校です。小学校の時の記憶はよく友達と学校が終わってから家の裏にあった広場で野球をしていたことです。カラーボールとカラーバットで。私には兄弟がいて3兄弟(全員男)の長男なのですが2番目と私の同級生のひとちゃんと夜暗くなるまで毎日やっていました。

その成果でしょうか?

小学校は野球部で、6年生の時に市内大会で準優勝でした。今では市内大会のボリュームはよくわからないのですが、私はセンターを守っていて打順は2番でした。ちなみにひとちゃんはキャッチャーで4番です。大会ではミスなくやれましたし、どのプレイか忘れてしまいましたが、校長先生に褒められたことが記憶にあるのでそこそこやれていたのではないでしょうか?

当時の野球部のコーチに先日チラシを配っていたらバッタリ会って、当時の話をしたら覚えていてくれました。非常にうれしいですよね。中学校に上がる時に、野球部の監督から彼は野球のセンスがあるから中学校に入っても野球を続けて欲しい。と言ってほしいと言われたと親から聞きました。当時は部活とクラブがあって、クラブではサッカーを選択していてスポーツ少年団でも小学校4年生からサッカーをしていたのです。

野球部では同級生との想いで。サッカーだと先輩との想いで。なんか私の中ではそんな感じの区別です。                   そもそもサッカーを始めた理由、野球を始めた理由が今の私の記憶にはないのです。

なんで始めたのでしょうかね?

ただ自慢ではないですが、当時の私はスポーツができる子供でした。足が速かったです。足が速いと女子にモテるんですよ。(妄想)マラソン大会でも2位でしたし、短距離もいけてましたね。これは一番速かった思い出があります。スポーツテストとかいって(今もあるの?)競技が何種目かあって(短距離、長距離、懸垂、遠投などなど)その総合を数字化していくものなのですが、それでも市内で2位でしたから(うほほ~い)

そんな私は中学校に入ると野球部に入るのか、それともサッカー部に入るのか?

最初乗り気ではなかったのですが、昔を思い返していたらけっこうサクサク出てきました。                      次回はもっと書けそう…

本日はここまでで、次回は続きからです。(興味あるかしら…)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧