右足と左足のどちらを出すのが正しいの?のお話し

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                           院長の鈴木です。

明日から急激に寒くなるようですね。雪は降らないみたいですが、体調面気を付けましょう。

さて、先日当院に来られている患者さんのお話しです。この方は頭痛と肩こりの症状があり、なおかつ最初は真っ直ぐに歩行することも難しい状態でした。                                                          何回か施術をすることで症状は回復に向かい、最近は頭痛も治まり仕事がスムーズにできるとうれしそうにはなしてくれていました。

ある時、今日は首が痛くて…というので、どうしたのか聞くと仕事場で物を落としてしまい、下にある物を取ろうとしたら痛みが出たといいます。症状的には寝違いに近いような感じです。首が動かせない、動かそうとすると痛いとのことでした。                        施術後は痛みもほとんどなく、首も動かせるようになりましたが、今回はここではなくなぜ症状が回復していた方がこのように寝違いのような症状が出てしまったのか?がポイントです。

物が落ちた時に、あなたはどのように拾いますでしょうか?                                         利き手でとるとは思います。例えば右手が利き手だとして、右手を下に伸ばしてとりますよね。

そのときにどちらの足を出しますか?

右足を前に出すのか?左足を前に出すのか?

 

正解は左足です。

これはやってみた方が早いのでやってみてください。そしてどちらが安定しているか、バランスがとれているかを感じてください。   右手を出すなら左足、左手を出すなら右足を出してください。これが正しい動作です。

もしも右手を出す時に右足を出した方が楽です。という方は身体が歪んでしまっています。身体のどこかに無理がかかっている状態ですから何が起きても不思議ではないです。正解の方へ戻しましょう。

右利きの人が重心をそのまま右足にかけてやる人は実は多くて、身体の運動系の歪みはほとんどこの動作からきているとも言われています。

しっかりと出した手の反対の足を前に出して動作すると全体が平均してバランスがとれて、身体を崩さずに故障も起こりにくいです。

前出した方はこの間違った動作により首に痛みが出たと推測されますし、そもそもの動作時の重心が正しくないことが判明しましたので修正をしてあげました。

もしも自分も当てはまると思ったら、正しい動作をしてくださいね。                                       では、また。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧