足を上げると股関節が痛い人へ

症状

こんにちは。

新潟県新発田の肩こり腰痛専門整体院すった家                                               院長の鈴木です。

昨日東京に行ってきました。あいにくの雨でしたが、良い出会いがありましたので非常に満足しています。

さて、今回は座っている状態で足を上げると股関節が痛いという方に向けてです。                             膝を持ち上げる時に痛みがある人がよくやってしまう行動として何度もその行動をくり返して何度も痛い痛いとくり返してしまいます。良くしようとするときも、痛い動き(この場合は膝を持ち上げる)をくり返してもっと上げてやろうとしてしまいます。(リハビリなど)そのうちやれるようになると思っているかと思います。

でもその行動を繰り返し行うことによって逆に壊してしまうこともありますね。だって痛いと身体が求めていないことをしているのですから…ではどうしたらいいのかというと、その痛い動きの反対の動き…つまり踏み込むという動作です。

痛い方向ではなく楽な方向へ動かします。この時のポイントは少し足を持ち上げた状態から踏み込みます。痛みが出ないところまで上げてから下に踏み込みましょう。そして加速して踏むのではなく、ゆっくりとジワリと踏み込むことが大切です。

その踏み込んだ力が自分に跳ね返ってきて足の裏から膝や股関節、腰や背中にまでジワリと伸びる感じや温かい感じが感じられたら最高です。一気に治る方向に身体が変化していきます。最初はわかりにくいかもしれませんが、やってみてください。これは股関節の話でしたが、全てそうです。痛い方向の逆の動きをすることによってあなたの体は治る方向に変化していくのです。                       今日はここまでです。ありがとうございました。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧