足首と歩行の関係とは?

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                             院長の鈴木です。

突然ですが私の前世は僧侶みたいです。先日東京にて見える人とお会いしてきましたが、その中でそういわれました。

さて、あなたは足首が柔らかいですか?足首の硬さや柔らかさによって歩行や身体の負担に関係しているという事実があります。          今日はそのお話しです。

足首が固いことにより歩行時の負担が増えます。代わりにどこかでその負担をカバーしないといけませんので、例えば膝であったり股関節だったり、はたまた腰だったりと他で足首の硬さを補います。                                    結果として補ってくれている箇所に負担が蓄積してそこが痛みだすこともあるわけです。

本来であれば歩行はかかとから地面について最後につま先で蹴りだすという流れになりますが、足首が固いことにより、かかとからつくことが難しいことがあります。これは、足首が上に反れないということです。まずは自分の足首が固いのか柔らかいのかをチエックしましょう。もしも固ければ、どこかほかの部位を傷めてしまっているかもしれません。                         まずはしっかり足首が反ることができるのか?両足を比べてどうなのか?                                 自分の身体を知りましょう。

足首の硬い方は前脛骨筋という筋肉が固いかもしれません。                                  これは足首を反らす筋肉になりますので自身のスネの外側を触ってみてそこをほぐして緩めてあげましょう。                         もう一つはふくらはぎの筋肉です。後ろの筋肉が固い事により引っ張られてしまいうまく足首を反らせないことがあります。              ぜひどちらもしっかり緩めてください。                                            歩行は毎日するものですから大切に考えてください。                                                  ではまた。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧