肩の調子が悪いと感じているあなたへ

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                                    院長の鈴木です。

今日は久しぶりの雨です。明日も雨かな。明日仕事して明後日から13日までお休みです。ちょっと伊勢に行ってきます。               下調べをあまりしないでいくのでどんな旅になるのか不安が4割、楽しみが6割ですね。

さて、今日は肩の調子が悪いなーと感じている人へ、ちょっとしたアドバイスです。

多くの方が、肩が痛かったり肩の感じが悪いと四十肩?五十肩?と疑うかもしれません。                                  実際にそのイメージを聞いてみると、放っておけば治るんでしょ?とか言われる方も多くいます。                                 なんでそう思うのか?と聞くとだいたいが、知り合いや友達でなった人がいてその人が放っておいたら治ったと言っていた。                    というパターンが聞こえてきます。                                                          さて、本当にそうなのでしょうか?                                                       答えはNOです。

まずは自身のその肩の状態がどうなっているのか?をチェックしてください。                                こんな感じで…

自身の違和感がある腕をまずは上げていきましょう。前から上げる、横からあげる。後ろには回るのかどうかなどを確認します。            これはゆっくりやってください。では今どこまで上がるのか、回るのかをしっかり確認しておきます。これを毎日やります。

なぜこんなことをするのかというと、調子が悪い、不安である時というのはそこの部位を動かさない心理が働きます。                そうなると動いていない関節は、どんどん硬くなるばかりです。

個人差もありますし、その人がどの段階にいるのかがポイントになってきます。その人が炎症期にあるのか?拘縮期にあるのか?炎症期ならそんなに動きを出さない方がいいかもしれません。しかし拘縮期であれば放っておいたら治るのに非常に時間がかかるでしょう

自身がどんな段階にいるのかを見極めてみてくださいね。

ではまた。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧