身体のつながりを感じてみよう!

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                            院長の鈴木です。

明日は「まちゼミ」の3回目です。4名様が私の話を聞きにきてくれます。とてもうれしいですね。がんばります!

さて、今回は身体は繋がっていますよ。とはよく聞くものの本当にそうなのか?は体験してみなければわかりませんね。                 今回はご自身で体のつながりを体験してみてください。ではどうすれば良いのか?                                   今回やってもらう前に、誰か手伝ってくれる方が一人いると良いです。

①まずは立った状態で前屈をしてみましょう。おじぎをするように~。まずはこの感覚を覚えておきます。                      次にもう一人の人にふくらはぎの部分をつまんでもらってください。その状態でもう一度前屈をします。                     これで先程と比べてみましょう。どうでしょう?違いがあるはずです。                                         普通なら最初の方がやりやすくて、後の方がやりにくいはずです。

②次は首を横に向けてみましょう。左右両方に向けてみます。その左右のやりやすさややりにくさを感じてみましょう。                 どちらがやりやすかったでしょうか?やりにくい方が右に向く方だったとします。そうしたら右の前腕を揉み揉みしてみてください。固い所は入念に。柔らかくなったらもう一度首を曲げて確認します。先ほどよりもやりやすくなっていると思います。

このように問題がある所(キツイ所や痛い所)があるところ以外に原因がある場合があるということをまずは認識してみてください。                               体は繋がっていますね。                                                              ではまた。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧