土台が大切!

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家                                              院長の鈴木です。

今日、車の修理代金を払ってきました。あとタイヤ代金と。                                          いくら後輩のクルマ屋さんだからといって、去年の支払いを今になって気付いてしまい反省しております。

さて、今日は土台のお話し。                                                           高層ビルをイメージしてみてください。高ければ高いほど安定の度合いは低くなります。なのでここで大切なのは土台ですよね。                 土台がぐらぐらしていて、風がふいてすぐに壊れるような作りではいけません。どんな風や台風や地震がきても耐えれるような土台が必要です。

これを人間にあてはめていくと土台の部分は足になります。例えば足首がふらふらして安定していなければ、その不都合を他の部分で補おうとします。

例えば膝や腰などがわかりやすいでしょう。ちなみに私はサッカーで足首の捻挫をしてその場から立てないほどの怪我をしたことがあります。それを放っておいたら膝が痛くなり、その後腰痛を引き起こした過去を持っています。なので私自身の身体でわかっているので言えますが、ケガの部位を必ずどこかで補てんします。それでバランスを取っています。

しかし、それは見せかけであり本当は負担が他の部分にかかっているわけです。そのままでいると他の部分を傷める結果になってしまうでしょう。これは経験済です。

つまりは何が言いたいのかというと、この足の部分が非常に大切であり、まさに私たちの土台になっているということです。常にケアをしてあげることで、あなたの体をしっかりと保ってくれることでしょう。ふくらはぎなどは常に柔らかくしておきましょう。             ではまた。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧