肩甲骨を動かしてみよう!

症状

こんにちは。

新潟県新発田市の肩こり腰痛専門整体院すった家院長の鈴木です。

明日からの土日は東京でのセミナーです。                                            お願い致します。

さて、昨日のブログで肩甲骨を動かしましょう。といったもののどうすればいいの?という質問がありましたのでお答えします。  まずは、                                                                  ①肩をすくめるような動作→これは肩甲骨を上に動かしています。

②肩を下げる動作→これは肩甲骨を下に下げる動作

③胸をはる動作→これは肩甲骨を内側によせる動作

④パンチの動作(腕を前に出す動作)→肩甲骨が外側にいく

⑤バンザイ→肩甲骨を斜め上に回す

⑥背中に手を回し帯を結ぶ動作→肩甲骨を斜め下に回す

というよな動きをすることにより肩甲骨の可動域が上がります。特にやってみて自分が気持ち良い動作をやることがいいです。              コツはゆっくりとやることです。イメージは伸びをする時のイメージでやってみてください。

ではまた。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧